【国内大手化粧品メーカー3社】美白美容液比較

スキンケア

いろんなメーカーから美白美容液出ていますが、「違いが何か」が わからないですよね。

今回は、国内大手化粧品メーカー3社の美白美容液を比較しますね。

シミができるしくみ

紫外線が肌に当たる→肌の内部で活性酸素ができる→活性酸素からの刺激や脳からメラニンを作るように命令→メラノサイトがメラニンを生成→メラノサイトがメラニンを肌細胞に運ぶ→メラニンを含んだ肌細胞が角化によって肌表面に→シミ

正常であれば、上図のAのようにメラニンを含んだ肌細胞が垢となって剝がれ落ちてシミが消えていきます。

ですが、ターンオーバーがうまくいかなかったり、ホルモンなどの影響で脳からの命令が出続けていたりで、上図のBのように、シミがそのままある状態になってしまいます。

メラノサイトの中では

紫外線に肌が当たるとメラノサイトの中では、チロシンキナーゼが活性化しメラニンのもとであるチロシンに作用し、黒色メラニンへ変化します。

チロシンキナーゼ活性化→チロシン(白色)→メラニン(黒色)

HAKU メラノフォーカスZ 薬用美白美容


美白成分 4MSK+m-トラネキサム酸

美白成分の効果

メラニンの活性化を抑えメラニンの過剰生成抑えます。

メラニンを含んだ肌細胞の排出の正常化

メラニンの色に作用する美白成分は、なし

メラノサイトを活性化してしまうことを抑制することで、シミを予防します。

お肌のターンオーバーを正常化にすることで、メラニンを含んだ肌細胞の排出を促します。

ソフィーナ ホワイトプロフェッショナルET 薬用美白美容液


美白成分 カモミラET

美白成分の効果

脳からのメラニンの生成命令の情報伝達をカットします。

メラニンの色に作用する美白成分は、なし

メラニンを作れという命令・情報伝達をカットして、シミが作られるのを防ぎます。

未然美白

角層細胞にうるおいを与えくすみのないと透明感のある肌を作ります。

One by Kose 薬用美白美容液


美白成分 コウジ酸(天然由来成分)皮膚科などの医療にも使われる成分

美白成分の効果

メラニンの生成を抑えます。

チロシンキナーゼの活性化を防ぎます。

黒くなったメラニンの無色化・メラニンの過剰な生成を抑えます。

黄ぐすみにも効果あり。コウジ酸は、刺激の少ない美白成分です。

まとめ

商品名メラニン
生成
の抑制
情報伝達の
カット
メラニンの色に
作用
ターンオーバー
の正常化
黄くすみ価格
メラノフォーカス¥10,000
ホワイトプロフェッショナル¥5,500
One by Kose薬用美白美容液¥5,300

使用手順・使用量をきちんと守る以外に、より美白効果を得るには

必ず、化粧水・乳液を使い、お肌を乾燥させない

UVケアは、1年中使用する

マッサージをスキンケアに加える

マッサージすることで、血行促進することで乾燥しない肌を作りターンオーバーを正常化にします。

食事で、ビタミンC・Eを積極的に摂りいれる

ビタミンC・・・野菜・果物に多く含まれています。美白・美肌効果とコラーゲンの生成の材料

ビタミンE・・・アーモンドなどのナッツ類に多く含まれています。抗酸化効果 しわ・シミ予防

サプリメントでもいいですが、食物のほうが吸収率がいいです。

美白美容液を1年以上使い続ける

効果が出るところは、とても深いところです、成分が浸透する量は微量で、どうしても効果が表れるには、とても時間がかかります。

継続は力なり です(笑)

最初から、時間がかかるものだと思っていてください。

化粧品で薬用と記載されてるものは、医薬部外品のことです。

薬用=医薬品では、ありませんので、誤解のないように。

医薬品は、化粧品では扱えません。


スキンケア
minoaをフォローする
スキンケア・メイクのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました