【元美容部員が答えます】スキンケアの素朴な疑問

スキンケア

これってどうなの?と思いながら聞きそびれるスキンケアの疑問にお答えします。

Q1.乳液は化粧水が乾いてからぬるんですか?

A1.必ず、化粧水が乾く前に乳液をつけてください。

肌が濡れて乾くと、濡らした水分が肌内部のうるおいを連れて一緒に乾いてしまいます。

これは、夏の汗をかいた肌状態で、冷房のきいた部屋に入ると汗がひきます、この時汗がお肌内部のうるおいを連れて一緒に乾いてしまいます。

これと同じで、インナードライ=べたつくのにかさつくお肌の原因なってしまいます。

基本のスキンケア手順

朝 洗顔➤化粧水➤乳液➤UVケア

夜 クレンジング➤洗顔➤化粧水➤乳液

Q2.コットンは、使わないといけない?

A2.使わないといけないわけでは、ありません。使わなくてもいいと思います。

関連記事

【今さらって思わないで】スキンケアの順番となめてはいけないコットン選び

こちらにコットンこと書いています。

Q.3化粧水・乳液をつける順番とつけ方は?

化粧水・乳液は、肌が乾きやすい部位からつけます。

目の周り➤口の周り➤ほお➤ひたい➤鼻筋➤鼻➤あご

つけ方は、お顔の中心から外にむかってつけます。

Q4.化粧水・乳液のしっとり、さっぱりって何がちがうの?

A4.化粧水の場合、使用感のちがいだけです。好みの使用感で選びましょう。

乳液の場合は、さっぱりタイプよりもしっとりタイプのほうが油分が少し多いです。

保湿成分などは、化粧水・乳液のそれぞれのしっとりタイプとさっぱりタイプとの差はあまりないです。

関連記事

使用感の心地よさで肌が喜ぶ】化粧品を選ぶとき「使用感」って大事?

Q5.美容液って使うものなの?

A5.化粧水・乳液をつけて何も肌悩みがなければ、特に必要ないと思います。

乳液をやめて化粧水と美容液だけは、 どんな美容液でも美容液の効果が得られません。

化粧水+乳液+α α=美容液や美白美容液やリンクルクリーム

Q6.オールインワンってどうなの?

A6.オールインワン使って、時間をあけてお肌がかさつきがなければいいと思います。

オールインの使うメリット・・・スキンケアステップが簡単 

               ジェルタイプが多く付け心地が気持ちいいものが多い。

オールインの使うワンデメリット・・・油分が少ない 

               乾燥される方は、結局これに乳液・クリームを足す方が多いです。

使い方のおすすめとして、夏場の朝のメイク前のスキンケアでオールインワンを使うです。

ただでさえメイクで作業が多くなり面倒くさい・・・ですよね^_^; 

作業を減らすのとオールインワンの使用感のさっぱりでメイクが楽になります。

夜に使うなら、何もつけたくない、スキンケアをさぼりたいときに化粧水・乳液の代わりにオールインワンを使うのは、ありだと思います。夜つけるオールインワンは、しっとりタイプがおすすめです。

Q7.未開封の化粧品って何年持つの?

A7.3年です。ただし、高温・多湿・直射日光避けて未開封のものに限ります。

大手国内化粧品メーカーでは、定期的に製造年の古い化粧品は、回収しています。

無添加化粧品・防腐剤不使用の化粧品は、買い置きは避けたほうがいいと思います。

封を開けた化粧品は、それぞれ違いますが、使用期間が目安となります。

化粧水 2~3ヶ月  乳液 2~4ヶ月  クリーム 6ヶ月ぐらい  美容液 6ヶ月ぐらいです。

無添加・防腐剤不使用のものは、もっと短いです。

安全のために、封を開けた化粧品は、使用量守って使用期間で使い切るがいいと思います。

Q8.購入した化粧品が合わない場合、どうしたらいいの?

A8.化粧品をつけて、違和感・ひりつき・つけた部分が赤くなる等あった場合

すぐに水洗いして、つけた化粧品を洗い流してください。

その後は何もつけないでください。

大手化粧品メーカーでしたら、トラブルの窓口があり、パッケージなどに連絡先が表記されています。

すぐに連絡して、トラブル起こしている肌の対処方法を教えてもらいます。

トラブルの原因の化粧品の対処もしてくれますので、ご安心ください。

もし化粧品メーカーの窓口が時間外であれば、購入されたお店に連絡してください。

お店のレシートに連絡先が記載されてます。

ご自分で判断せず、すぐに連絡してトラブルを起こしたお肌の対処方法を必ずお尋ねくださいね。

Q9.化粧水・乳液は、どこまで浸透するの?

A9.化粧品の薬事法上、角質層までです。

角質層の厚さは、約0.03mm(ラップくらいの薄さ)です。

真皮まで届くのは、医薬部外品(薬用と記載されているもの)・医薬品です。

化粧品で、取り扱えるのは、医薬部外品です。

広告の謳い文句で「奥までぐんぐん届く」と、よく見かけますが、どこまでと記載がないので、この表現はグレーです(笑)

医薬部外品の化粧品以外は、角質層までと覚えていてください。



スキンケア
minoaをフォローする
スキンケア・メイクのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました