【眉1つで美人度UP!!】眉の形選びと点と線でかく眉の描き方

メイク

雑誌や化粧品店でアドバイスされた通り、眉を描いても、自分の眉の形さえもわからなくなって、眉が描けなくなったことありませんか?

ご自分の顔立ちに合った眉の形ってわかりますか?

眉が描けるようになって、ご自分の顔立ちに合った眉の形にするだけでお顔の印象にが変わり美人度UPです。

眉1つで、メイクの仕上がりの垢抜け感が違います。

今回は、顔の形・仕上げたいメイクで選ぶ眉の形・メイク初心者さんが失敗しない眉の描き方をお伝えしますね。

ほかにも色々ありますが、ここでは基本をお伝えします。

顔の形で選ぶ

丸顔

丸顔におすすめの眉

どちらが顔が長く見えますか?

どちらも同じ大きさの同じ丸です、眉の形で目の錯覚を利用して印象を変えることができます。

丸顔の方と相性がいい眉の形は、山型(アーチ型)です。

眉の角度がほとんどない場合は、顔の横幅が強調されてより顔が大きい印象を与えてしまいます。

面長

面長におすすめの眉

どちらが顔が長く見えますか?

こちらも上の丸顔の例と同じです。

面長の方と相性がいい眉の形は、ストレートの眉です。

眉に大きな角度をつけると顔が縦に強調されて顔が長く見えてしまいます。

                                                                                  

眉の形が与える印象

眉の形の種類

ストレート・・・あまり角度をつけずまっすぐな眉 ナチュラル・かわいい印象

アーチ・・・角度をつけ、眉山を丸く仕上げる眉 女らしい・気品ある印象

ナチュラル・・・ストレート眉よりやや角度をつける眉 ナチュラル・知的な印象

ほかにもありますが代表的なものを紹介しています。

眉の形以外で色や長さで印象を変えることもできます。

眉の色が濃いと活発な印象に、薄いと柔らかくやさしい印象になります。

眉の長さが長めだと顔の大きさが小さく感じ大人な印象に、短いと幼い印象になります。

眉間が広いとやさしい印象に、狭いと強い印象になります。

眉間が広い=草食系動物  眉間が狭い=肉食系動物

ご自分のお顔の輪郭と仕上げたいメイクの印象で眉の形を選ばれるといいと思います。

顔立に合った基本の眉の描き方

基本の眉の位置

基本的な長さ・位置

①目頭の真上が眉頭になります。

②まっすぐ見て黒目の外側の真上か眉山です。

③小鼻と目尻の延長上が眉尻の終わりの地点です。

④①と③の高さが同じになるようにしてください。

これは基本です、必ず覚えていてくださいね。

何を選べば?

眉を描きなれていない方は、ペンシルタイプがおすすめです。

芯は、やわらかめの方が描きやすいです。メーカーによって、芯の硬さは違いますので

色々試してお好み硬さをお探しください。

国内大手化粧品メーカーでしたら

やわらかめ SHI社≒SO社>KA社 硬め

眉を描いた後は、必ずぼかしますので眉ブラシもご用意ください。

描く前に

眉を整えます。

眉を描きなれていない方は、眉カット・眉ブラシで整えてから描きましょう。

眉を整えるだけで、描きやすくなります。

おすすめの描き方

上の図のように、眉の毛の流れに沿って描きましょうとアドバイス受けることが多いと思います。

ですが、眉初心者さんや不慣れな方には、むずかしいので、わたしはおすすめしません。

なぜなら、描きたい眉の形がわからなくなってしまうからです。

わたしのおすすめの描き方は、線と点を使い、最後に上の図の描き方をします。

ここで、顔立に合った基本の眉の描き方で載せています図が必要になります。

眉の描き方1

①②③④の位置に眉ペンシルで点をつけていきます。

眉の描き方2

次に点と点を線で結びます。

眉の描き方3

これに、肉づけしていきます。

ご自分の眉に合わせて青線のように線で描きます。

眉の描き方4

これに太さを足したい場合、若く見せるメイクにしたい場合は、ご自分の眉の眉下に足してください。

目と眉の間を狭くすると童顔・彫が深い印象になります。

大人っぽいメイクにしたい場合は、ご自分の眉の眉上に足してください。

次に

と、いう感じに線と線の間を埋めてください。

眉の描き方5

後は、眉ブラシでご自分の眉となじむようにぼかします。

これで出来上がりです。

まずは、基本の眉の描き方をマスターしてから、次のステップ進んでくださいね。

長々と書きましたが、最後までお読みいただきありがとうございます。


メイク
minoaをフォローする
スキンケア・メイクのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました