【メイク初心者が失敗しない!】甘く見てはいけない基本的なアイシャドウのつけ方

メイク

アイメイクの情報が散乱乱立していますよね。

何が何だかさっぱりと言う方に基本をわかりやすく説明させていただきますね(⌒∇⌒)

基本的なアイシャドウのつけ方は、仕上げたいメイクの軸になります。

ここをしっかり押さえるだけで、かなりのメイク上手になれます。

ブラシとチップの使い方

指で付けるのもいいですが、ぼかすのにテクニックが必要です。

メイク初心者・メイクが不慣れな方には、おすすめしません。

簡単にアイシャドウをつけるなら、道具を使いましょう。

アイシャドウブラシ

アイシャドウのハイライトカラーをぼかすには最適です。

できれば、この写真①のような大きめのアイシャドウブラシと

写真②のようなふつうサイズのアイシャドウブラシと

写真③のような小さいサイズのアイシャドウブラシと3種類の

サイズを持っていると、便利です。

③は、アイシャドウチップ代わりにもなります。

アイシャドウチップ

発色したい色をつけるときに使います。

ぼかしでも使えます。

アイシャドウの色、なんしょく使えばいいの?

何色使えばいいかわからないですよね。

基本は3色です。

多いって思われますか?

3色より少ない2色ですと、グラデーションを出すテクニックが必要です。

1色ならなおさらもっと難しくなります。

一番簡単につけれるのは、3色です。ぼかすのが下手でもごまかせます(〃艸〃)ムフッ

3色の構成

1 ハイライトカラー・・・まぶたを明るく仕上げミディアムカラー・ポイントカラーの発色を

            よくします。

2 ミディアムカラー(ハイライトカラーとダークカラーの中間の色)または、ポイントなるカラー

3 ダークカラー・・・シメの色です。目元を立体的にも仕上げます。

ハイライトカラー・ミディアムカラー・ダークカラー

ハイライトカラー・ポイントカラー・ダークカラー

アイシャドウの基本のつけ方

アイシャドウつける位置1

アイシャドウつけるときのpoint

目元に立体感を出すために、アイシャドウは

アーモンド形を意識してつけてください。

アイシャドウつける位置2

目尻より上を意識して、つけてください。

目尻より下につけてしまうと

老けた印象になります。

これらを意識して次に行きます。

アイシャドウをつける順番

ハイライトカラー→ミディアムカラーまたはポイントカラー→ダークカラーの順です。

アイシャドウつける位置3

ハイライトカラーをアイシャドウブラシに取りつけます。

アイシャドウつける位置3

ミディアムカラーまたは、ポイントカラーをアイシャドウブラシ(中)または、アイシャドウチップでつけます。つける位置はアイホールです。

アイシャドウつける位置4

ダークカラーは、アイシャドウブラシ(小)または、アイシャドウチップ(小)でつけます。

どの色も色の境目は、必ずぼかしてください。

今回は、基本的なアイシャドウのつけ方ですので、一重・奥二重など

どのタイプの方でも使えます。

これに、目の形に合わせて少しつけ方を変えればいいだけです。

このことは、記事にしていく予定ですので少しお待ちくださいね。

メイク
minoaをフォローする
スキンケア・メイクのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました