【40・50代が失敗しない】ファンデーションの色の選び

メイク

20・30代のころと今の肌色変わっていませんか?

若いころ似合っていた口紅の色が似合わなくなった

明るめのファンデーション使っているのに黒っぽい・・・

元気なのに、疲れてる?って言われてしまう・・

こんなことを感じたりしていませんか?

実際、20・30代のときと比べて肌色が変わっているの?

 はい、変わっています。

 20・30代のときの肌色より、黒くなったのではなくて肌の赤みが少なくなって

 黄色味がかった肌色になっています。

40・50代の肌色・肌悩み

 20・30代のときと比べ、ホルモンの影響や肌回復(ターンオーバー)が弱っていることもあり

・色ムラ・シミ・くすみが気になる

・黄みがかった肌色

・乾燥・ツヤがない

・小鼻の横辺りのほおの毛穴が気になる

 →これらが目立つと実年齢よりも老けて見えてしまいます。

 20・30代のときとちがった肌悩みに。

どんなファンデーション・色を選べば?

40・50代で欲しいのは、お肌のつや・透明感・血色感ではないでしょうか。

それらをファンデーション・化粧下地で作りましょう。

関連記事

【やっていませんか?】40・50代のNGメイク①

化粧下地で「少し」カバーしましょうに化粧下地のこと書いています。

ファンデーション選び

冬は、つやありのエマルジョンタイプのファンデーションがおすすめ

夏は、つやありリキッドファンデーション

乾燥・ツヤがないの悩みに対応できます。

色選び

シミ・色ムラをファンデーションの色である程度解消します。

え? 

ファンデーションのカバー力じゃないの?

minoa
minoa

ファンデーションのカバー力でカバーしてしまうと、厚塗り感でてお肌が老けた印象になってしまいます。ファンデーションの色で「ごまかす」です。

ファンデーションの色でごまかす理由は

シミも色ムラも肌色が濃くなってる部分です。

上の図 白色部分が肌 黒色のドットがシミとします。

白い部分が多く占めるとドットの黒が目立ちませんか?

色の差をつけてしまうとより濃い色が目立ってしまいます。

なので

ファンデーションの色を明るめを選んでしまうと、よりシミ・色ムラを際立たせてしまうことになります。

ファンデーションの色をご自身の肌色より1トーン暗めにすることでシミと肌の色のギャップを少なくなります。

こんな経験ありませんか?

シミを明るめの色で隠して、しばらくすると隠したシミが青黒く浮いて目立ってしまっている。

シミ・色ムラは、隠すのではなく、濃い色のファンデーションでシミと肌色のギャップを少なくすることで「ごまかす」 します。 

肌が黒くなるじゃない!

と、そう思われますよね、大丈夫です。

ペンキは、黒の上に白を塗ると白になります。

でも、ラインマーカーはどうですか?黒の上にどんな色を塗っても黒を消せませんよね。

ファンデーションって塗料で例えなら、皆さんのイメージはペンキですか?

実は、ペンキではありません、極端な例えですがラインマーカーです。

ペンキは、光をあまり通さないため上から違う色を塗ると、下の色が見えなくなります。

ラインマーカーは光を通すため、上から違う色をつけても下の色が見えてしまいます。

なので、元のご自分の肌色がきちんと出ますのでご安心ください。

ちなみにわたしは、一番濃い色のファンデーションを使ってます(⌒∇⌒)

ファンデーションのベージュ系の色は 

40・50代は、肌色が黄みがかっています、より顔色を悪くみせてしまいます。

肌悩みが多いとファンデーションを厚くつけがちですが、できるだけ薄くつけてください。

ファンデーションが厚いと老けた印象になります、ご注意ください。

minoa
minoa

後は、pointメイクで40.50代の肌悩みをカバーできますが

そのお話は追々しますね、お楽しみに。

メイク
minoaをフォローする
スキンケア・メイクのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました