【メイク初心者が失敗しない!】ファンデ選び

メイク

パウダー・リキッド・クリーム・エマルジョンなどなど

いろんなタイプのファンデーションがあって、どう選んで何を使えばいいかわからなくなりますよね。

そんな方に、少しでもご参考になればと思います。

ファンデーションの種類とそれぞれの特徴

生活スタイルや仕上げたいメイクで、ファンデーションを選びましょう。

パウダーファンデーション

ほぼどんな肌タイプでも使えます。持ち運びしやすく、出先でお化粧直しが手軽にできます。

手早くメイクを済ませたい方におすすめです。

リキッドファンデーション

オイリー肌・普通肌

メイク持ちに優れ、パウダーファンデーションよりもフィット感があり、素肌感ある仕上がりにしてくれます。汗・皮脂に強いタイプが多いです。

クリームファンデーション

乾燥肌・毛穴やくすみなど肌悩みをカバーしたい方におすすめ

リキッドファンデーションよりも少しカバー力・保湿効果があります。

エマルジョンファンデーション(半練りタイプのファンデーション)

乾燥肌・カバー力が欲しい方におすすめ

カバー力があるタイプが多いです。使用感もしっとりしています。

おしろい(フェイスパウダー)

ほぼどんな肌タイプでも使えます。軽い仕上がりがお好みの方におすすめです。

ルーセントタイプ(色なし)が多いです。ファンデーションの仕上げに使用されることが

多く、ファンデーションの仕上がりがよりきれいになります。メイク持ちを良くします。

汗のかきやすい方に特におすすめです。

持ち運びされるならプレストタイプ(固形)がおすすめです。

ファンデーションの選び方

 ご自身の肌タイプ✙希望するメイクの仕上がりで選びます。

例1.オイリー肌 テカりを抑えたい

リキッドファンデーションのマットタイプがおすすめです。

リキッドファンデーションの上におしろいをつけると、さらにメイク持ちをよくしてくれ、より素肌感のある仕上がりになります。

‎例2. 乾燥肌 肌につや感と肌の色ムラ(シミ)をカバーしたい‎

エマルジョンファンデーションがおすすめです。

つや感とカバー力は実は相反するもの同士。この場合どちらを優先すればいいか?

それは、ご自身がもっとも望むメイク仕上がりの方を選んでください。

つや感を選んだ場合 カバーしたい部分はコンシーラーでカバーします。

カバー力を選んだ場合  パール入りのハイライトでつや感を出します。 

エマルジョンファンデーションの後、必ずおしろいで仕上げましょう。

メイク持ちもよくし、より自然な仕上がりにしてくれます。

ファンデーションの使用量とつけ方

使用量

液体タイプのファンデーションの使用量は、よくパッケージ記載されていますが

いきなりその使用量を出してつけてしまうのは、。 ヨレの原因になります。

まずは、記載された量の半分ぐらいの量(少な目でもいいです)を出し

お顔全体にファンデーションを伸ばしていきます。

後からカバーしたい部分に、少量ファンデーションを出し軽くたたくようにつけます。

※記載されている量はあくまでも基準ですので、それよりも少量でもOKです。

つけ方

ファンデーションをつける道具ですが、パウダーファンデーションは、スポンジまたはフェイスブラシ

液体タイプのファンデーションは、スポンジまたは手またはフェイスブラシ

カバー力が欲しい方は、指でつける方法をおすすめします。

おしろいは、パフまたは、フェイスブラシ

ファンデーションを伸ばす方向は、お顔の内側から外側に向けて。

※薄くつけたい部分は伸ばすように、カバーしたい部分は、軽くたたくように

ファンデーションをつける順番

お顔の体温が低い部位からつけます。

両ほお→目の周り→ひたい→鼻→口周り→あごの順

minoa
minoa

化粧品店ですすめられるまま購入しがちのファンデーション。

ご自分のお肌悩みに合った、希望する仕上がりのファンデーションをお選びくださいね。

満足できるファンデーションを。

メイク
minoaをフォローする
スキンケア・メイクのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました