【初心者が失敗しない!】UVケア選び

スキンケア

ここ数年、UVケア商品の種類がたくさん

どれを選ぶか迷いますよね。

今回は、ご自分に合ったUVケアを選ぶpointをお伝えできればと思います。

UVカット指数のSPFとかPAってなに?・意味は?

SPF・・・UV-Bの防止時間を表しています。UV-Bは中波長紫外線、急性の炎症を起こしシミ・くすみ原因になります。

SPF20約20分間×20=400分間(6時間30分)
SPF30約20分間×30=600分間(10時間)
SPF50約20分間×50=1000分間(16時間30分)
最高値は、50 値が大きいほど、防止する時間が長くなります

上のことからSPFの数値が高い=UVカット効果が高いのでは、ありません。

普段使いならSPF30で充分かと思いますが、ご自身が日中どのぐらい外に出られるかに合わせて選ばれると良いでしょう。

お肌の弱い方は、できるだけSPF値の低い方がいいと思います。

PA・・・UV-Aのカット効果を表しています。

防止効果の程度は+、++、+++、++++の4種類で表し、+が多いほどその防止効果は高くなります。

UV-Aは、長波長紫外線、肌の深くまで届き弾力繊維にダメージを与え、しわ・たるみの原因になります。

PAは+が多い方を選ばれるといいと思いますが、UVケア商品によっては、伸びが悪いものもありますので、店頭でテスターを試して伸びのいいものを選びましょう。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤って何?

紫外線吸収剤紫外線を吸収し、熱や赤外線などのエネルギーに変化させて放出させます。
少量でも紫外線のカット力があり、透明なので白くなりません。
紫外線散乱剤紫外線を反射・散乱させて皮膚を防御します。白浮きしやすいです。
ノンケミカルと表示があるものが多くお肌にやさしいものが多いです。

   

ご自分に合ったUVケアを選ぶpoint

・ご自身の生活スタイルでSPF値を選びましょう。PAは、++++

・お肌が弱いかたは、ノンケミカルのものを。

・白浮きが気になる方は、紫外線吸収剤配合のものを。

・乾燥肌の方は、クリームタイプを、ふつう肌・脂肌は、ミルクタイプを。

・伸びの良いもの、スキンケア効果のあるものを選びましょう。

・ウオータープルーフであること、摩擦に強いものを選びましょう。

     


スキンケア
minoaをフォローする
スキンケア・メイクのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました