【ニキビの基礎知識】ニキビと大人ニキビの違い

スキンケア

思春期ニキビと大人ニキビのできる原因の違いは、何かご存知ですか?

一見同じに見えるニキビですが、それぞれのニキビの原因は少し違います。

どう違うのかをわかりやすく説明させていただきますね。

あなたは、思春期ニキビ?大人ニキビ?

ニキビのできる位置やできる季節でわかります。

お顔全体にニキビができる→思春期ニキビ

春~夏にニキビができやすい→思春期ニキビ

ほお・口の周り・あごにニキビができる→大人ニキビ(20代後半以降の方はこちらになります)

季節を問わずほぼ1年中ニキビができる→大人ニキビ

大人ニキビは、乾燥肌・混合肌・脂肌など肌質関係なくできてしまいます。

思春期ニキビと大人ニキビのできる原因の違い

思春期ニキビ大人ニキビ
年代10~20代前半20代後半~
ニキビができる位置お顔全体にほお・口の周り・あご
肌タイプ脂肌・ふつう肌すべての肌タイプ
ニキビの原因皮脂量の急激な増加
毛穴つまり など
皮脂の過剰分泌・毛穴つまり・
ターンオーバーの乱れ・乾燥
ホルモンバランスの影響
生活習慣の乱れ など

どんな風にスキンケアしたらいいの?

思春期ニキビと大人ニキビの原因が少し違うため、スキンケアも違ってきます。

思春期ニキビのスキンケア

皮脂分泌が過剰が主な原因の思春期ニキビですが、皮脂を過剰にとってしまうスキンケアは✖

過度に洗顔は、 洗顔料は、適正な量を使いましょう。

洗顔料を多めに使っても汚れ落ちがよくなることはなく、洗い流しても洗顔料がお顔に残ることが多くニキビの原因になります。

化粧水は、さっぱりタイプもしっとりタイプも成分はほぼ同じなので、好みの使用感で。

乳液は、油分の少ないさっぱりタイプがおすすめです。

オイルフリーの乳液は、つけた瞬間はいいのですが後々お顔がべたつく原因にもなりますのでおすすめしません。

大人ニキビのスキンケア

ストレス・加齢などで、ターンオーバーが乱れ剥がれ落ちるはずの古い角質がお顔の表面に残り毛穴につまることが主に原因の大人ニキビです。

洗顔は、酵素洗顔がおすすめです。酵素によって古い角質を分解してくれます。

化粧水・乳液は、しっとりタイプ+クリーム使用をおすすめします。

思春期ニキビと違い保湿をしっかりすることが大切です。しっかり保湿しないと逆にニキビができやすくなり、かさつくのにべたつくお肌になります。

食事でニキビができにくくしましょう

思春期ニキビは、皮脂分泌が過剰が原因ですのでポテトチップス・クッキー・チョコレートなどのお菓子類、脂質・糖質摂取を控えめにしましょう。

お肌のバリア機能が思春期ニキビ・大人ニキビも弱っています。

こんにゃく・ブロッコリーなどを積極的に摂取しお肌のバリア機能高めましょう。

ターンオーバーの正常化・炎症を抑えてくれるβカロテン・ビタミンAは、ニンジン・かぼちゃに多く含まれています。

これらは、あくまでも一例です、ほかにも色々あります。

化粧品でニキビを治すことは、できません、食事での栄養バランスが一番効果があります。

化粧品は、ニキビ改善の手助けと考えてくださいね。

スキンケア
minoaをフォローする
スキンケア・メイクのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました